FC2ブログ
2021年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2000.01.29 (Sat)

あとがき

全部読んでくれた方、途中で力尽きた方、そして自分('A`)、お疲れ様&ありがとう。
誤字脱字等あったら、気づいたら直します。

今回の考察ですが、いろんなサイトさんを見たり、自分で考え検証したことの複合です。
推測の部分もあり、AIに関しては正確にはもっと複雑な思考をしているかもしれません。

テレポに関してはまだ分からない事もたくさんあります。
例1:LKやAXなどにSGの氷割り連打してたらなんでか飛んでった。
例2:リンカーの、エストンでスタン、エスティンでノックバックしてたらなんでか飛んでった。
  etc

この辺は今回の考察では説明できませんし、私も全然意味わかりません。
スタン・凍結等で飛んでいくのは、解除時に一瞬だけIdle状態になるのが原因でしょうか?

なんか聞きたいことあったらコメントでもメールでもくれたら反応すると思います。

以下、参考,引用元となったサイト様へのリンクを置いておきます。(すごく勝手にですが;)
リンクするなーていう連絡があればすぐ解除します。

すないぱ日記 様
THHKの日記 様
In The South Field 様
いつでも必死にラグナロク 様
Sさんの日記 様
弓手Wiki

特に「いつでも必死にラグナロク」様はこっそりですがよく見てます。
少数生体好きとしてはかなり勉強になりまする。





前置き
セシル考察1
セシル考察2
あとがき
スポンサーサイト



EDIT  |  00:00  |  レポート  |  TB(0)  |  コメントを書く(1)  |  Top↑

2000.01.29 (Sat)

セシル考察2

セシルを飛ばす


いよいよMobを飛ばす話題ですが、まず生体MobのAIはどのような仕組みになっているかを説明します。
これらの内容を知っていたほうが、後々の理解が早いかと思います。

■生体MobのAI
推測の範囲ではありますが、生体MobのAIは以下のようになっています。
ほぼ確定かと思います。

1. 待機状態で周囲10セル(21*21)を索敵する。
2. 5秒後に移動。
3. 敵を発見するまで1.に戻る。
4. 敵を発見、または攻撃を受けたので1クリックで移動可能な距離ならば追跡状態へ移行。
5. もし1クリックで移動不可能な距離かつ攻撃状態に移行できなければテレポート。
6. 通常攻撃可能な距離まで近づき攻撃状態へ移行。
7. 攻撃状態を維持できず、追跡状態にも変遷できない場合には1.の待機状態へ戻る。

※4項で斜線が通ってない場合は追跡しません。
※6項で接近する前にスキル攻撃可能ならスキルを使用する可能性があります。
  また、接近後の通常攻撃1撃目は必ず通常攻撃で、スキル攻撃はしてきません。
  カトリを白羽する時に利用できます。
※1項と4項の補足説明
 Mobは攻撃を受けると、ダメージを与えてきた相手の座標を特定します。
 索敵範囲外(11セル以上)から攻撃を加えた場合もこちらの座標を特定し、追跡状態へ移行します。
 これは、1クリック歩行可能セルは約18セルのため、4項の「1クリックで移動可能」に該当するためです。

ここで詳しく説明するのが5項の
「もし1クリックで移動不可能な距離かつ攻撃状態に移行できなければテレポート」です。
くだけて言うと、「攻撃されたが反撃できない→テレポート」となります。

■ワープASの例
敵の移動範囲
よく生体で使われるテクニックのひとつ、ワープASです。(やり方はググればたくさん出てくるので解説は省略)
このワープというは、見た目の座標と、自分の正確な座標を故意にずらしている状態です。
下記に、行動と理論を上図の生体AIに乗っ取って解説します。

1.上図の例ではの位置からの位置へワープしたとします。
  この時正確な自分の座標はの位置になります。
2.ASを敵に当てます。
3.攻撃を受けたので、4項に従い敵を発見、または攻撃を受けたので1クリックで移動可能な距離ならば
  追跡状態へ移行
します。この時のMobの1クリックで移動可能な範囲を暫定的にとします。
4.障害物(移動不可セル)が挟まれていて、の位置まで移動できません。
  これは5項.もし1クリックで移動不可能な距離かつ攻撃状態に移行できなければテレポート。に該当します。

つまり、ワープASとは障害物を挟んで5項の状態を意図的に作ることです。
よく斜線切れてるとか切れてないとか言われますが、実際は関係なくてテレポの仕組みは上記と考えます。
壁沿いなど、「斜線切れてるに向かってくる」場合は「1クリック移動後に反撃可能だから」となります。



■平地の例
平地のMobを飛ばす例を解説する前に、予備知識として可視範囲と1クリック移動可能範囲について説明します。

●可視範囲と移動範囲について
プレイヤーの可視範囲は14セルとなっており、移動範囲は約18セルとなっており、図示すると下図のようになります。
移動不可セル
※自分でクリックして検証した結果です。

がクリックしても移動できなかったセルです。
スキル射程は円形で、移動範囲は菱形みたいですね。
上図では14セルまでしか記載していませんが、実際には約18セルまで移動可能です。

そして下図が移動距離を不可視範囲の18セルまで延長したものの抜粋です。
移動不可セル2
可視範囲外では想像でしか言えませんが、大体こんな感じに移動不可セルになっています。

ここで、5項のもし1クリックで移動不可能な距離かつ攻撃状態に移行できなければテレポート。
というのが重要になってきます。
セシル以外の生体Mobは通常攻撃射程が全て1セルなので、反撃されないことを考えると、
移動不可セル3
上図の水色のセルにいるMobに攻撃すると、
1クリックで移動不能距離かつ攻撃状態に移行もできないと判断し、テレポートする事になります。

つまり平地でMobを飛ばしたい場合、
Mobに対し斜めに立ち、超射程攻撃(弓、大魔法)などで攻撃すると飛ばす事が可能です。

●チャージアローの例
横湧きだ!と思ってCA(チャージアロー)でMobを飛ばそうとした時、いくらCAしてもMobが帰ってきてしまう、
という経験をした弓手の方々はいないでしょうか?その時、縦、横方向にCAしてはいなかったでしょうか?

CAでとばす
上図に自キャラと2種のMob、CAのノックバック先を記載しました。

真上のMobは、自分から12セルの位置にいて、索敵範囲外で見つかっておらず、可視限界の14セルも近いです。
この位置のMobにCAし6セルノックバックしたとしても、4項の敵を発見、または攻撃を受けたので1クリックで移動
可能な距離ならば追跡状態へ移行。
に該当してしまうため追跡されます。
そう、ノックバック先の18セルは可視範囲外にもかかわらず、1クリックで移動可能かつ反撃可能な距離なので
追いかけてきます


では斜め8セルの位置にいるMobにCAをしたとします。
先程よりも近い上に、すでに相手の索敵範囲内に入っており、追跡状態になっています。
しかしこの位置でCAで6セルノックバックさせてみるとどうでしょうか。
このノックバック先は5項のもし1クリックで移動不可能な距離かつ攻撃状態に移行できなければテレポート。に該当します。

百聞は一見にしかず。実際にやってみてください。
面白いくらい飛んでくれると思います。

●まとめ
総合すると、生体Mobが飛ぶか飛ばないかはspan style="color:#0000ff">全て1クリックで接近出来るかにかかっています
上記の説明の通り、斜めに距離をとったほうが断然少ない距離でテレポを誘発できるため、斜めの立ち位置を意識しましょう!

セシルでも同じ事ですが、ただ
セシルの通常攻撃の射程が長いので、移動距離に加え相当な距離をとらなければならない」と。
実際にやってみると分かりますが、多少斜めに距離をとったほうが飛ばしやすいです。
ワープASで基本的にセシルは飛びませんが、自分の座標から斜めにセシルをはじいてみてください、飛んでくれるはずです。
HL残影などでは、直線より多少ずらして残影をしてみてください。こちらも飛びやすくなります。

セシルを飛ばす方法は弓、HL残影(歩きでも可能)、投げナイフ、スピアブーメラン、魔法類など多種多様ですが、
うまくいかない人は練習あるのみです
重要なのはモーションキャンセルでいかにすばやく下がれるか。
これは慣れの部分が大きいと思うのでとにかく練習してコツをつかんでみてください。


ここから余談に近いですが、敵が攻撃しようと追いかけてくる際にする移動は直線移動です。
IWをはさむ
WizでIWとHDでセシルを飛ばそうとする図です。
セシルの前にIWを挟むと、セシルはまっすぐ移動できず、どうしてもIWを回り込む形になります。
HD使用後、セシルに対してほぼまっすぐに後退すると、セシルはすぐ立ち止まってしまいます。
その場合、セシルの移動距離+射程距離を離れないといけないところが、
射程距離さえ離れれば反撃不能と判断し、テレポートします



前置き
セシル考察1
セシル考察2
あとがき
EDIT  |  00:00  |  レポート  |  TB(0)  |  コメントを書く(0)  |  Top↑

2000.01.29 (Sat)

セシル考察1

ここに記載の内容はRR化以前のものとなりますが、AI関連は記載内容と変わらないと思います。
生体好きのために記載を更新していってます。
(最終更新 2015/6/10)

セシル=ディモンについて


セシルの基本情報

■ステータス
種族:人間
属性:風3
サイズ:中型
HP58,900 Def25+27 Mdef15+45
Agi145 Vit27 Int32 Dex134 Luk80
必要Flee 291
必要hit  247
通常攻撃射程14

ステータスから、暗闇、沈黙、睡眠などの状態異常はかけやすい。 
・状態以上時間時間参考
 サンドマンによる睡眠時間 約20秒
 LD5による沈黙時間 約36秒
スタンもかかりやすいが、タゲをリセットするリスクを犯してほどかけるのはお勧めしない。
風3なので、ジョーク、FN、ハティーcとかじゃないと凍結は不可能。


■使用スキルについて
風属性攻撃 速度強化 クリティカルスラッシュ スタン攻撃 ダブルストレイフィング 
アローシャワー チャージアロー シャープシューティング フリージングトラップ スキッドトラップ 
フラッシャー ラッシュアタック テレポート

注目(注意)すべきスキル
・速度強化(AgiUP)
 2007/07/03 ラヘルパッチで、プレイヤーの視界内に入った瞬間からAgiUPを使用。
 その効果時間は60秒。
 <速度強化の再使用時間>
 ⇒誰もターゲットしていない状態では35秒間隔
 ⇒誰かを攻撃している場合は25秒間隔
 よって実質常時AgiUP状態となる。
 しかし、沈黙を利用することでAgiUPを切ることも可能。
 ベストタイミングである35秒で沈黙させると、10秒ほどAgiUPが切れている時間が発生。
 Qドロセラなどを利用しないプリ砂のペアでは有用となる。(慣れと意思疎通が必要)

 なお必要Hitですが、
 通常時:要Hit247
 AgiUPした状態:475
 AgiUP+暗闇:362
 AgiUP+QM:375

 HIT362とか375は高LvスナイパーがQA弓もってやっと当たるレベル。(例外:フリオニc)
 でもあたればQA弓でも十分倒せるくらい脆いです。
 (RR化後では要HITやFLEEの値が大きく違うので注意)

・ラッシュアタック(いわいる爆裂)
 効果時間中ATK/DEX3倍。
 ラッシュアタックはプレイヤーを攻撃し始めた後に使用する。
 効果時間は25秒、再使用までのクールタイムが60秒。

・アローシャワー
 威力はたいした事ないが、ノックバックに注意が必要。
 セシルのアローシャワーは必ず西に2セルノックバックします。
 そして近接攻撃判定です。
 よってニューマを貫通してはじきだされるので注意が必要です。
 どうしてもスキル射程内に立つ場合、ニューマの東のセルに立つと次攻撃を食らわないため比較的安全。

・シャープシューティング
 まず高威力なところ。
 爆裂シャープは無対策で10k~12kものダメージをくらってしまいます。
 そしてアローシャワーと同じく近接攻撃判定
 よってニューマを貫通し、遠距離盾(ホルン盾)の効果もありません
 詠唱があるので一応ハイディングで避けることは可能です。

※なぜ近接判定?
以下にセシルのシャープ判定を簡単に図示しています。
セシル♯
簡潔に言うと、スキル使用者(セシル)からではなく、被スキル対象者からの距離で遠近が判定されるので
常に近接判定になります。
オブジェクト生成が使用者からでなく対象者から生成するMob特有の判定になっています。
巻き込まれる人も、青部分は近接判定、オレンジ部分は遠距離判定になっており、射線
判定も被対象者から判定されています。

※余談ですが、セシルのシャープに限ったことではなく、
物理・魔法問わずPCを対象とする範囲スキル全て(例外あり)が
 スキル対象者を基準に遠距離・近距離判定と射線判定が行われている。

という検証結果があります。
●例
 カトリーヌ=ケイロンのFWとナパームバルカンなども近接判定されています。
 このことは、海賊短剣等反射装備でダメージが反射できることから実証済みです。
 ナパームバルカンに関しては詠唱がそこそこあり、利用すれば狙って反射飛ばしが可能です。
 ASやFWは地面指定スキルですが、Mobのはいまだに対象指定スキルなのかもしれませんね。

※セシルのシャープ不発について
セシルの、とか言ってますが不発ゾーン自体はプレイヤーのシャープとなんら変わりません。
プレイヤーのシャープは、
「不発ゾーンにいる敵をターゲットにシャープシューティングを発動してしまった時、
 且つ、本来の直線シャープや斜めシャープの範囲内に敵が居ない場合、
 直線シャープや斜めシャープは発動せずに、対象とした敵単体のみにシャープが発動。」
となっています。
つまり少なくともスキル対象として狙った敵にはシャープが当たるんですね。
でもセシルのシャープは違います。
セシルのシャープは、不発ゾーンだとスキル対象者も当たりません
しかし、対象者が避けていても範囲内にいるプレイヤーには当たります
セシルのシャープはかなり不思議判定のようです。

シャープ範囲
シャープの範囲と不発ゾーンは上図のとおり。
カスHitゾーンの仕様がどうなってるかは現時点ではよく分かりません。
不発ゾーンも詳細には縦不発と斜め不発の2種ありますが割愛。
ASで西へ2セルはじかれると考えると、2セルの余裕をもって不発ゾーン内の東寄りに立つといいかも。
一番いいのはシャープ(スキル)の間合いに入らないことです。
(cmpや修羅のHL残影でセシル飛ばすとき、不発ゾーンを知っておくと被弾を減らせるので楽になります)



■固定
セシルの各射程について。
敵認識範囲  --- 12セル
通常攻撃射程 --- 14セル
スキル射程  --- 9セル
ここで注目してもらいたいのが、通常攻撃射程とスキル射程の差です。
スキル射程が9セルなのに対し、攻撃射程は14セル(認識範囲により実質12セル)になっています。
つまり、10-12セルの間に立つと、セシルは通常攻撃しかしてこなくなります
これがよく「固定」って言われているやつです。
ただし、ラッシュアタックや速度強化等の自己強化系は使用します。

そしてよく勘違いされているのが、セシルの射程は12セルじゃなくて14セルです。
「視界ぎりぎりからDSなどを当てたらすぐ反撃された。」という経験がある人もいるかもしれません。

●例
セシルに13,14セルから攻撃を加える。
すると、「攻撃に対して1度だけ反撃して、再びセシルはこちらを見失う」という動作をします。
これは、敵認識範囲が12セルなのに対し通常攻撃射程が14セルな事に起因すると考えてます。
ただし、攻撃を仕掛けた後に反撃射程から離れますと13セル地点まで追いかけて来ます。
なお、その場合も1度だけ反撃をしてこちらを見失います。

すばやく固定するには、自分からセシルに向かった場合は1-2セル、セシルに対して後退すること。
セシルから向かってきた場合は場合は自然と固定距離になってるので動かないこと、です。
PTメンバーを♯で巻き込み死とかさせないためにも、覚えておくべきです。
慣れたら感覚でできるようになります。

※固定位置から攻撃
PCの基本的なスキル、魔法の射程は10セルです。
それに対してセシル他Mobのスキル射程というのは9セルなので、
固定位置から安全にセシルにスキルを使用することが可能です。
これはセシルと同じx軸かy軸に立てた時に成立します。

ただし、何故か出来る時と出来ない時があります。
ちゃんと数えて10セルの位置に立っても、なぜか半歩or1歩すすんでスキル使用します。
ためしにプロンテラの周りに生えてる草で試してみましたが、結果はやはり同じ。
できない草は位置ずらしても出来なかったし、出来るやつは普通にできました。
某検証サイトではZ軸の存在というのが仮説としてあげられてます。
高さ、そしてサーバーの重さが関係するとされていますが・・・、今の所原因不明です。



セシルの基本情報に関してはこんなところでしょうか。
考察2ではMobが飛ぶ仕組みを考察してみたいと思います。



前置き
セシル考察1
セシル考察2
あとがき
EDIT  |  00:00  |  レポート  |  TB(0)  |  コメントを書く(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権については
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である
株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)を禁止します。

パンヤ
©2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Exclusive License ©2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved.
©2004 Gamepot Inc., All rights reserved.